ご案内

  1. 木本内科医院ホーム
  2. ご案内
  3. 設備の紹介

設備の紹介

CT
名称のCTはComputed Tomography(コンピューター断層撮影装置)の略号で、人体を透過したX線を検出器で数値化し、人体の断層像を撮影する装置のことです。診断や治療を決める上でもっとも重要な検査のひとつです。
CT
X線検査
X線を使用する検査です。X線は人体を通り抜けますが、骨など通り抜けにくいところもあるため、画像を写すと濃淡ができます。これを細かく判読することによって、体内の様子を知ることができます。単純撮影のほか、バリウムやヨード剤などの造影剤を用いた検査も行われます。
当院のX線写真はFCRという方法でデジタル画像化し、鮮明で見やすい画像となっており診断能の向上に役立っています。
X線検査
X線検査
心電図
心臓は、体全体に血液を送り出すため、収縮と拡張をくり返しています。その時発生する電流を波形として記録しその乱れから病気を読み取るのが心電図検査です。心臓の収縮、拡張が正常に行われているか、心臓の筋肉に酸素や栄養を供給している動脈(冠状動脈)の血液の流れはどうかなど、心臓の病気の発見には欠かせない検査です。
安静時に測定するほか、体を動かしてとる負荷心電図や24時間通常の生活をしながらとるホルター心電図などの検査が行われます。
心電図
透析
当院の透析機器は、高度透析医療を提供するため日々進化しております。水処理装置、透析液供給装置、薬剤溶解装置監視装置など、安全性、操作性、機能性、透析液の清浄化(クリーン化)を最も高いレベルで実現しております。

透析について詳しく見る

透析
超音波検査装置
エコーまたは超音波またはUSなどと呼ばれ、医療現場でよく使われる検査です。
体外からプローブを当てるだけで、これと言った副作用もなく、非常に安全に体内の様子を観察することが出来ます。
心臓・腹部・頸動脈・甲状腺など 詳しく繰り返し検査できます。
超音波検査装置
血圧脈波検査装置
体に大きな負担をかけないで動脈硬化の程度を数値化して客観的に評価することの出来る検査器です。
血管年齢はどうか、血管が細くなったり詰まったりしていないか、などがわかります。動脈硬化の程度を知る上でもっとも大切な検査が簡単に出来ます。
血圧脈波検査装置
コールドレーザー治療器(低出力レーザー、HeNeレーザー)
低出力レーザー光を体の疼痛部位に照射し、経皮的光刺激により血行を改善したり、痛みを和らげる治療器です。筋肉・関節の慢性悲感染症の炎症による疼痛を和らげます。関節痛、打撲・捻挫、リウマチ、筋性頚痛、神経痛、肩こり、五十肩、背痛、腰痛などの痛みに応用されます。
コールドレーザー治療器(低出力レーザー、HeNeレーザー)
干渉波治療器
種類の異なる周波数の低周波電流を体内で交差させ、そこに発生する干渉低周波刺激によって疼痛の緩和などを行う治療器です。比較的深部組織に十分な刺激エネルギーを与えることができ、深部まで治療効果が及び血行改善 鎮痛効果があります。
干渉波治療器
入院
19床の入院ベッドを設備しております。一般病床の他、リハビリを必要としている透析患者様、ご高齢などで通院困難になっている透析患者様など、いわゆる入院透析にもご利用いただけます。

入院について詳しく見る

入院
---

人工透析(血液透析・人工腎臓)

健康診断(職場健診)

健康診査

診療時間

 
午前
午後


午前受付 : 9:00~12:30
午後受付 : 15:00~18:00

休診日 : 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

○通常は"木本"が担当
◎水曜日、金曜午後は代診医師が担当し、受付時間が変わります。

診療時間について詳しく見る

携帯サイトのご案内

携帯電話のバーコードリーダーで読み取っていただくと携帯サイトにアクセスできます。

木本内科医院ブログ

木本内科医院

入院できる内科・透析クリニック

〒700-0912
岡山市北区大供表町3-12-101
TEL(086)231-2688
院長 木本克彦
診療科 内科消化器内科循環器内科糖尿病内科腎臓内科泌尿器科レントゲン科(CT)健康診査健康診断(職場健診)人工透析
入院ベッド 19床

お電話でのお問い合わせは 086-231-2688

PAGE TOP